2018年6月18日
  • 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

★現代の神々は少女漫画に宿る?「▶」 松尾ほなみ

新宿眼科画廊松尾ほなみ2018年1月19日(金)~1月31日(水)を見てきました。

 

いつもインパクトのある展示をしている眼科画廊の路面に面したスペースがいつになく静謐な印象です。

作品は一見石を彫刻した仏像のようですが・・・

近くで見ると表面に少女コミックのコマが見えます。

松尾ほなみさんは木や石にコミック雑誌を1枚1枚貼り付け、その上で彫刻するという特殊な方法で作品を作っています。

日本人は古来からあらゆるものに神が宿る八百万の神々を信仰してきましたが、現代ではコミック雑誌に神々が宿るのでしょうか?

その他薄くスライスした年輪のような作品もありました。ちょっとダミアン・ハーストの輪切りの作品みたいですね。

 

ちなみに他の展示の作品はもうちょっと頑張ってほしいところです。

特にスペースOの酉の市はコンセプトは新宿ならではでいいのですが、もう少しクオリティ頑張ってほしいところです。どうも眼科画廊はスペースMだけクオリティが飛びぬけて高いですね・・・


2018年1月19日(金)~1月31日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

松尾ほなみ

新宿眼科画廊スペースM

コメントを残す