2019年5月27日
  • 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

建築図鑑122ポリゴンカタツムリ「伊東豊雄建築ミュージアム」

愛媛県今治市の伊東豊雄建築ミュージアムに行ってきました。

場所はしまなみ海道の大三島。中心地からかなり外れた海岸、というか崖に建っています。

伊東豊雄「多摩芸術大学図書館」

伊東豊雄「MIKIMOTO 銀座2丁目店」

敷地内には伊東氏の建築が抽象化された模型が複数置かれています。

構成はスティールハットシルバーハットの2棟の建物からなります。

 

うちシルバーハットはかつて伊東氏が自邸として建てた建築を移築したもの。

名建築として礼賛された建物ですが、自邸としては自分で設計しておいてこんなスカスカした建物には住みにくかったのかもしれません。

同じく名建築としてもてはやされながら家族にすら見捨てられた中野本町の家といい、伊東氏のやり方にはどうも共感しがたいです。

とはいえ眺めは素晴らしいです。

室内部分には模型が色々置かれています。

 

メインの展示室であるスティールハットは正六角形と正三角形などを組み合わせたコンセプチュアルな形状をしており、非常に伊東氏らしい建物です。

内部もそのまま外観が反映されており、非常にらしいのですが、空間はかなり狭いです。2階部分に行けないのも不満です。かなり見晴らしはよさそうですが。

また建築ミュージアムといいつつこちらの展示には大三島の話ばかりで、建築のケの字も出ないのも謎です。もっとも伊東氏の最近の発言はこんなのばかりですが。

ただ博物館としてはどうなのかと思いますが、このカタツムリみたいな形状は結構気に入りました。

大三島はたくさん美術館があるので、その一つとして回るのならありかも知れません。

コメントを残す