• 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

★カズ・オオシロ

品川区の︎MAKI Galleryカズ・オオシロ【2020/09/05-2020/10/24】

を見てきました。

もともと2階から上にギャラリーが入居していたのですが、今回1階もギャラリーになりました。

それもワンフロア全部がギャラリーになったので、中規模の美術館並みの面積があります。

国内でこれだけのメガギャラリーは珍しいと思います。

フロアの構成はカズ・オオシロの展示と、それ以外の収蔵品の展示があります。

カズ・オオシロはロサンゼルスで活動する日本人作家です。

作風は箱、トランク、ステレオコンポ、鉄骨などをキャンバスを素材にしてリアルに作成するというもの。

表面だけ見てると本物にしか見えません。

近くから見ると、塗り方を変えて素材の様々な質感の違いを表現しています。

入口にさりげなく置かれているトランクも作品です。

他の作品にも言えることですが、使用感も再現しています。

このトランクの場合角に傷がいっぱいあったりします。

コンポ。スイッチ類はどうやって再現しているのかが気になるところです。

引き出し。表面は一番上の引き出しが少し引き出されていますが・・・

裏から見ると全く平面です。

棚の上板にはジュースを置いた跡みたいな表現されています。

前面までジュースが垂れている作品も。

一見地味ですが、一番面白いなと思ったのが鉄骨の作品です。

鉄骨の吹き付け塗装の質感を再現していました。

 

奥の部屋には飾り付け例?みたいな空間もありました。

 

収蔵作品展にはこの企画展以上の面積を使っていました。

トイレも展示室に。ただしトイレとしては使えません。

 

 

この他、上の階のANOMALY開発好明宇治野宗輝の展示が面白かったです。

開発さんは発泡スチロールで茶室のような空間を作っていました。★

コメントを残す