2018年4月26日
  • 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

巨匠の脳内を覗き込む★デヴィッド・リンチ 版画展

渋谷ヒカリエデヴィッド・リンチ 版画展【2018年1月18日(木) – 2018年2月12日(月)】を見てきました。

デヴィッド・リンチは本業は映画監督で、代表作は『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など。ダークな世界観が特徴です。アート作品も注目されており、近日「デヴィッド・リンチ:アートライフ」というドキュメンタリー映画も公開されます。

今回の版画展は映画の便乗企画かな?ぐらいに思って見に行ったのですが・・・

「僕の友達が火と遊んでいる」

予想外に面白かったです。ほとんどの作品が版画内にタイトルを文字で書いているのが特徴です。三人いる人物の誰が「火」で誰が友達と僕なのか判断に迷うところです。

「なぜ機械が僕に悪さをさせるのか?」

リンチ監督のダークな奇想のソースはこういうところにあるのか、と思いました。

「ソファの上に何があるんだ?」

銃を突きつけ、脅迫している側にいるはずの大男が異界に引きづり込まれます。あらゆる日常の中に異界への入り口があるというのはSFホラーの基本ですね。

「愛しのクレメンタインを夢見る間に、保安官ビルはインディアンを訪問する」

どの作品も決して流麗なタッチではありませんが、映画の世界観に浸れそうな家に飾りたくなるような小品が多かったです。ナンコレ度★


デヴィッド・リンチ 版画展
David Lynch
会 期 2018年1月18日(木) – 2018年2月12日(月)
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

コメントを残す