• 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

建築図鑑167★旧小倉そごう

北九州市の旧そごうに行ってきました。

1993年にオープンしましたが、2000年に閉業。

その後何度も運営主体が変わりつつ営業を続けています。

しかしあまりにも巨大すぎて1棟すべて借り受ける所は見つかっておらず、北九州市の衰退の象徴のようになっています。

ピンク色の外観が特徴的で、ナナメの線は光が動く仕掛けです。

写真奥の円筒部分はエレベーターです。

こんな感じで各階それぞれテナントが入っていますが、空きも多く運営的には苦しそう。

10階には珍しい曲線のエスカレーターがあり、天井が吹き抜け。ここはレストラン街でしたが、今は単なる休憩スペースで学生が勉強していました。

周りの店もカードショップや料理教室など雑多な感じ。

この建物の最大の見どころは14階のカフェです。

かつては回転する高級中華レストランでしたが、現在はリーズナブルなカフェが入っており、回転は止まってますが格安で展望が楽しめます。

小倉駅です。

1998年にモノレールが乗り入れ、現在の形に。

分かりやすい形態が親しみやすいです。

駅前広場。駅の南東はサラ金→風俗街という小倉の治安状況を象徴するエリアですが、外からは分からないように隠されています。

でもサラ金の看板は丸見え・・・

小倉の巨大な旦過市場のアーケードが上から見えます。

北九州で未だに踏ん張る井筒屋や、リバーウォークが見えます。

モノレールは沿線沿いに住む人以外はあまり使いませんが、中で劇をやってることもあるとか。

敷地内には神社もあります。

奥は門司方向です。

 

やはり小倉を代表する建物と感じました。★

コメントを残す