2018年12月18日
  • 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

見世物小屋を並んでまで見るか?「におい展」

池袋パルコにおい展2018年1月12日(金)~2月25日(日)】を見てきました。

 

パルコミュージアム・・・ではなくてその脇のいつもアニメグッズなどを販売してるスペースでの展示です。

においを展示だけに棚には瓶が置かれていたり、ブースが多数設置されていたりして小さいスペースがさらに狭く感じます。しかも展示物がにおいだけに鑑賞(?)に時間がかかり、結構混みます。

においについて色々勉強できる側面もあります。臭いことで有名なカメムシが香水に使われていたり、成分の抽出次第で色んな活用方法があるのだなと学習しました。

ただ風邪気味だったせいか、臭いと言われている食物はあまりにおいを感じませんでした。

腐豆腐シュールストレミングも「?」って感じ。もっともビジュアルだけでも結構クるものがありますが。

ただ見世物小屋的なインスタレーションとして見れば結構笑えるとこもあります。特にこの「加齢臭

チェックの服などいかにもなファッションですが持っている新聞が・・・

スタッフも相当悪乗りしてますね(笑)

 

軽ーく見るにはいいですが、並んで見るほどのものではないかと。

 

—————————————————————————————————

におい展

会期:2018年1月12日(金)~2月25日(日)

時間:10:00〜21:00最終入場は閉場30分前まで

入場料:前売り700円 / 当日800円

会場:池袋パルコ

コメントを残す