2018年7月23日
  • 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

★小屋と十二支「ヤング荘 十二支超」

ギャラリーハシモト(馬喰町)の「ヤング荘 十二支超」【2018.4/6-4/14】

を見てきました。

道路から見える2階の展示室が既に異彩を放っています。

「ヤング荘」は現代美術とグラフィックを横断するアーティストのユニットです。

会場に小屋を建てる表現が特徴的です。新潟県の「大地の芸術祭」や横浜のbank artなどにも出品しており、今回も小屋の作品を2つ出品しています。

 

一つ目は小屋の中に男性用小便器の中にライト、その上にモニターという構成で、スピーカーは外部についているので音が外に漏れています。

動画は過去のヤング荘の十二支に関するもののようです。

特に「龍」はチープな造形物と合成、そして「日本昔話」のエンディングテーマがフルで流れるという楽しい作品です。

2つ目の小屋は十二支全部の写真作品と撮影に使った小道具がまとめて置かれています。

回顧展みたいでなかなか面白いです。動画にない他の十二支の説明も欲しいところ。★

 

コメントを残す