• 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

★★建築図鑑94実用のかたち?「松見公園展望塔・レストハウス」

松見公園展望塔・レストハウスに行ってきました。

設計者は菊竹清訓氏。

つくば駅の北、松見公園の池に浮かぶ展望塔と、休憩室のセットです。

最大の特徴は栓抜きタワーと言われるその形状です。

足元の休憩所は結構広いです。カモに餌をやる人がたくさんいました。

そのせいか、中央公園でも、ここ松見公園でもカモは大繁殖してます。

 

管理室で入場券100円を買って展望塔に登れます。

本城直季さんの写真が紹介されていました。

休憩所と塔は橋で結ばれます。

階段かエスカレーターで登ります。

階段の途中にある窓の形状も栓抜き風。

 

エレベーターで栓抜きの本体部分(?)まで登って、そこからは階段で屋上まで登る形式。

扉は手動で、非常に重いです。

栓抜きの側面に描かれたタイル画。地上階からも見えます。

吹き曝しの階段。地上からでも動線が見えているのが面白いです。

非常に開放的な作りです。

予算がなかったのかもしれませんが、このシンプルさが逆に構造の力強さを生んでると思います。

屋上部分です。足元が滑りやすいと下で管理人さんに注意されました。

屋上からの北側の眺望です。筑波大学の建物群の向こうに筑波山が見えます。植物園もこちら側。

南側の眺望。エキスポセンターやつくばセンタービルが見えます。

どこまでも平野が続いているのが分かります。

 

つくば観光に欠かせない展望塔です。

構造と機能が融合した、菊竹氏中期の傑作だと思います。★★

 

 

コメント一覧

★★建築図鑑95「つくば建築群」 – 博司のナンコレ美術体験2019年2月18日 11:16 PM / 返信

[…] 1位.松見公園展望塔・レストハウス【菊竹清訓】 […]

コメントを残す