• 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

新宿に残る軍の遺産★★建築図鑑131「第三スカイビル」

第三スカイビルを見てきました。

新宿区の第三スカイビルを見てきました。

 

 

設計は渡邊洋治氏。

陸軍出身で、船舶を設計する部門で働いていました。

奇抜なコンペ応募案で有名な人物でしたが、現在残っている実作は非常に少ないようです。

 

 

その数少ない実作が新宿で見れるとは大変貴重です。

現在は周囲にビルが立ち並び、正面以外はビルに近づけないこと、改修で色がグレーからグリーンに変わってしまったことを差し引いても、その奇抜なスタイルは健在です。

正面から見ると、箱が折り重なるような特異なスタイルがよく分かります。

普通に部屋を並べるのに対して随分手間がかかりそうですが、どんなメリットがあるのでしょうか?

真正面から。屋上まで続く武骨なはしごがかっこいいです。

最大の特徴は建物頂部のデザイン。

曲線の多用や丸窓、アンテナを強調した機械っぽさは武骨な軍艦を思い浮かべます。通称軍艦ビルの由来です。

よく見るとグリーンの部屋の部分も均等に並んだ小さな正方形の窓などは軍艦、というより頑丈な軍施設っぽいです。

 

現在は女性専用のマンションになっており、中に入ることはできません。

外から1階部分を見ると、その特異な外観が内部の動線にも影響しているのが分かります。

狭い廊下はフェリーっぽい?

 

ちなみに入り口前には思いっきり落書きが。

歌舞伎町や新大久保が間直にある立地上、治安はよくなさそうです。

 

ネームプレート。色はこんなのですが、軍艦を前面にアピールしているようです。

1970年竣工とのことですが、設計がしっかりしていたせいか、まだまだ使えそう。

日本の特異な建築の例として保存していってほしいです。★★

コメントを残す