2018年11月20日
  • 日々観た展覧会や関連書籍の批評をしていきます。

★★建築図鑑59日本にはない駅づくりの発想「グランドセントラル駅」

ニューヨークのグランドセントラル駅に行ってきました。

マンハッタン島の最大の駅です。外観も豪華絢爛でとても駅とは思えません。

建物の後ろには近所にあるクライスラービルも建っています。こちらも大変豪奢な建物です。

背後に建つメットライフビル(旧パンナムビル)は駅と直結しています。

保険会社がこれだけ巨大になっていることは西洋社会の病理を感じます。

巨大なうえにあっさりとしたデザインは非常に壁感を感じます。巨大ビルのデザインの重要さを教えてくれる建物です。

 

駅の最大の特徴は38mの高さがあるというメインコンコースです。

天井にはプラネタリウムのような星が描かれています。

壁も黄金に輝いてかっこいいです。

コンコース中央にはこれまた豪華な時計塔と案内コーナーが設けられ、それ以外には構造物がないというスッキリしたデザインになっています。

行きかう人々も取り込んだデザインです。

 

プラットホームの入り口。この駅の弱点としては豪奢なのは外観とメインコンコース

だけで、プラットホームや地下空間はむしろ狭くて暗いです。

特にプラットホームは

さきほどのコンコースの真下です。周囲には外食店が並んでいます。

店自体は結構充実してます。

 

  

お土産店には日本のキャラクターも豊富です。

実は日本へのお土産を飼うには結構いい場所だったりします。

 

最大のおすすめは地下鉄博物館のミュージアムショップ。

路線図グッズなどデザイン性の高い雑貨が多数手に入ります。

 

マンハッタン島の名建築は中まで見れないものも多いので、この建物はおすすめです。豪華絢爛な駅舎は日本との落差が激しくカルチャーショックです。★★

コメントを残す